I like you very much! 【likeとloveの違いは?】

一条です!

 

最近、Eliot公式Instagram

好き』の表現色々を

特集してご紹介しています。

 

LikeLoveを使わない「好き」の表現は様々なのですが、

そもそもこのLikeとLoveの違い、

ご存知でいらっしゃいますでしょうか?

 

LoveLikeを強くしたもの、でも、

Loveに含まれるロマンスがLikeにはない、でも

正解ですが、

このLikeとLoveの違いは

個人の受け取り方による部分も多いのです。

 

私の大好きなイギリス映画

「ブリジット・ジョーンズの日記」では、

マーク・ダーシーがブリジット・ジョーンズに

自分の気持ちを告白する際、

“I like you very much.”

と言います。

 

コリン・ファース演じるマーク・ダーシーはとても聡明で神経質、

また寡黙で皮肉屋だったりするので、

そんな男が“Love”を使わずに告白する、

その不器用さに私は思わずキュンとしてしまったのですが……

 

イギリス出身の知人からは、

“そもそも告白でLoveを使うのはおかしい!”

という意見もありました。

 

どうやらLoveは恋人や家族など、

“お互いの気持ちが一致している”

愛情を対象に用いられるのだとか。

 

言語は地域や使う人にとってその意味や

ニュアンスを変えるものですから、

これも一つの真実であり、個人の意見です。

 

アメリカ映画では結構、

強引な“Love”も使われていますよね(笑)

 

英語版 古今東西 愛の告白集

なんて

作ったら面白そうですね。

 

少しずつですが、まとめてみようと思います♪

 

escort tutor Eliot 1ヶ月お試しキャンペーン

まだ数名のお客様にご利用いただけます。

キャンペーン終了時は予告しませんので、ご検討中の方はお早めに体験レッスンをお申し込みくださいね。

 

  • 投稿カテゴリー:未分類