「本日の前置詞」って?

Eliot代表の一条です。

 

スクールがオープンした7月より約3ヶ月間、

全10回で行ってきた会員様向けの講座、

文法・発音フォローアップ講座

が今度の土曜日、ついに最終回を迎えます。

 

50分しかないレッスン時間は、

講師との会話に集中してもらおう!

という思いつきでいきなり始めた講座でしたから、

会話に必須な中学英語を抑える!というだけのテーマで、

毎回教材となるスライドも手作り。

開催していた土曜日はほぼ講座準備に費やす3ヶ月間でした(笑)

 

幸せなことに参加者0という日はなく、

毎回数名の会員様と楽しく講座を進めることができました。

 

受講者様のアンケートやご意見で

微調整を加えたりもしましたが、

初期からメニューの中に

本日の前置詞

を入れていました。

 

毎回

「修飾語の日」「関係詞の日」「現在完了の日」

などテーマがあるものですから、

当初は前置詞についても

「前置詞の日」

を設けるつもりでした。

 

しかしそれでは、60分の講座中に

10を超える前置詞を叩き込まれるわけですから、

受験勉強のようなストレスがかかるかもしれません。

 

ノーストレスの英語学習

を追求している私としては、

そいつはどうもいただけません。

 

ですから週に1個覚えればそれで良いと、

本日の前置詞」を

アペタイザーのようにメニューに取り入れました。

 

そしてこの前置詞についてもただ覚えるのではなく、

「本質を理解する」

という点をみなさんと考えながら進めていきました。

 

例えば、“in”の本質は「枠の中」

点でも線でもなくある境界、範囲を表します。

“at”は明確に「点」であり、“on”は「接している」が本質となります。

そう考えると、

 

I will meet him at 5 p.m.

I will meet him on Saturday.

I will meet him in May.

 

で、各前置詞が違う意味も見えてくるのではないでしょうか。

 

前置詞は覚えるばかりで、間違えやすく、つまらない、

とお考えの方も多いですが、

本質がなんなのか捉えていくと、

とっても便利で可愛らしい存在なんですよ。

 

文法・発音フォローアップ講座

第二期は平日の夜にしようかと思っています。

また、メール会員様も無料受講対象にする予定です。

 

「●曜日△時なら参加したい!」など、

ご希望があれば、ぜひご意見くださいね。

Eliot代表

一条瑠花

ichijo@eliot.co.jp

  • 投稿カテゴリー:未分類