“Thank you.”より丁寧な感謝の言葉😉

Eliot代表の一条です。

 

先週の土曜日、Eliotがオープンした7月より10週にわたって開催してきた

文法・発音フォローアップ講座

が最終回を迎えました。

(シーズン2は近日発表いたしますので少々お待ちを!)

 

あまり押し付けがましくしたくないのでさらっと終えましたが、

個人的には込み上げてくるものがありました(笑)

 

毎週必死に作っていたパワポのスライド、

最後のページにはスクールの社訓であるGeorge Eliotの名言

 

“It is never too late to be what you might have been.”

 

そして

 

“Thanks a lot.”

 

の言葉で締めました。

 

最近私はよく、

「スクールオーナーとは、本当によい職業を選んだものだなあ」

“What a great profession I chose!”

と噛み締めます。

 

なぜかというと、

英会話スクールには

ありがとう

が溢れているからです。

 

コンビニで買い物をしたあと、店員さんに対して

「ありがとうございました!」

というお客様は少ないのではないでしょうか。

(でも、言ってあげると店員さんに好かれますよ笑/by 元コンビニ店員)

 

だけどEliotのレッスンが終わった後は、

講師「ありがとうございました!」

お客様「ありがとうございました!」

私「ありがとうございました!」

という「ありがとう」の応酬が続いて、キリがなくなることがあります(笑)

 

サービス提供側が感謝の言葉を言うのは当然ですが、

全ての仕事でお客様からも同じようなテンションの

感謝の言葉が頂けるわけではありません。

 

ありがとうございました

の言葉でZoomのミーティングを閉じる時、

私はとても幸せな気持ちになります。

 

さて、私が受講者様にお伝えした

“Thanks a lot.”

ですが、

こちらは結構ラフな表現になります。

 

10回にわたってご参加いただいたお客様に対する、

親しみを込めて申し上げました。

 

“Thank you.”も目上の人や知らない人に使うときは注意が必要ですが、

“Thanks”はより親しみがあります。

 

どんな相手に使っても問題のない丁寧な表現、

“appreciate”と言う動詞を覚えておきましょう。

 

I appreciate.

で、直訳すると「感謝します」

 

We appreciate your help.

I  appreciate your invitation.

のように、具体化することもできますね。

 

また、“thank”が、すでに起こっていることへの感謝を伝えるのに対し、

この“appreciate”は「まだ起こっていないこと」への感謝にも使えます。

 

ですから、以下のような文章が可能になるのです。

“I would appreciate if you bring me there.”

“It would be much appreciated if you help me.”

 

「こうしてくれたらありがたいんだけどなあ……」

という感じの文章で、我々日本人には非常に使いどころがありそうです(笑)

 

ビジネス会話はもちろん、日常でも必須と言っていいこの

“appreciate”

ご存知なかった方は必ず覚えておきましょうね♪

 

escort tutor Eliot では、

完全オーダーメイド制のレッスンを

お客様お一人お一人に提供しています。

 

ぜひ体験レッスンにご参加ください。

 

また現在は、1ヶ月お試しキャンペーンも実施中です。

厳しい条件なく1ヶ月無料でEliotのレッスン&サポートが受けられる、大変お得なキャンペーンですよ!

 

スクールについてのご質問等は、

お問い合わせフォーム

もしくは

一条のメールアドレス

ichijo@eliot.co.jp

まで、お気軽にどうぞ⭐️

  • 投稿カテゴリー:未分類