あの名画でわかる助動詞“may”の使い方

Eliot代表の一条です。

 

私は映画が大好きで、

どんなに忙しくても週に1本は腰を据えて鑑賞します。

 

Eliotの講師やお客様の中にも映画好きは多く、

よくレッスン中にセリフの言い回しについてなど

盛り上がっていらして羨ましいです。

 

英語学習の観点からも、

洋画は非常に役に立ちますね。

 

いくつか意味がある、“may”という助動詞。

文法書で把握できる意味には

「許可」「推量」「祈念」があります。

 

簡単な日本語に直すと、

許可「~してもよい」

推量「~かもしれない」

祈念「~でありますように」

となりますが、

“maybe”などの単語もあり比較的わかりやすい「推量」に対して、

「許可」は“can”や“could”との違いが分かりにくかったり、

「祈念」はそもそも何なの?

といった疑問が浮かぶかもしれません。

 

そんな“may”使い方は、

名画のシーンで深く理解できます。

 

まず1本目は、『ローマの休日』

「~してもよい」の許可用法が印象的に使われています。

 

鎮静剤のせいでフラフラしながら、

新聞記者ジョー・ブラッドレーのアパートまでついてきてしまうアン王女。

ソファに寝かされた彼女は目の前のブラッドレーにこう言います。

 

You may sit down.

 

字幕では

 

「座ってよろしい」

 

と訳されているこの言葉、

その後のブラッドレーの苦い顔を見ても

ずいぶん高圧的な言い方だということがわかります。

 

親から子、教師から生徒など、絶対的な上下関係がある場合にしか使わない言い回しです。

うっかり使わないように注意しましょうね。

 

そんな言葉ですから、逆に

主語が自分である “May I ~”の表現は重宝します。

「いらっしゃいませ」は通常

“May I help you?”

と訳されますね。

 

2本目は映画のタイトルをご紹介する前に、

セリフの方を見てください。

 

May the Force be with you.

 

わかってしまった方も、きっといらっしゃいますね(笑)

 

この“may”は「祈願」の“may”

「~でありますように」

個人的には

「ありますように」よりも、

このセリフの字幕である

「あらんことを」

がしっくりきます。

 

ちょっと古めの、文学的な表現ですね。

“Force”というのは単純に“力”や“強さ”を意味し、

物理的な力にも精神的な力にも使えます。

 

だから案外、試験の前などに

“May the Language Force be with me.”

と言い聞かせてもいいかもしれません。

 

Mayの祈願用法も思い出せますしね!

 

「この映画の面白い言い回しを教えて!」

「この字幕、本当は何ていってるの?」

など、リクエストがあれば是非お寄せください。

一緒に知識を培っていきましょう。

 

escort tutor Eliot 代表

一条瑠花

ichijo@eliot.co.jp

 

“May the Force be with you.”

スターウォーズ・シリーズ

「フォースと共にあらんことを」

  • 投稿カテゴリー:未分類