forget 以外の「忘れる」表現 〜忘れたいけど、忘れられない〜

こんにちは。

Eliot講師のDivaです。

 

escort tutor Eliotのインスタグラム

見て頂けたでしょうか?

 

1990年公開の映画

“Pretty Woman”の

挿入歌、

“King of Wishful Thinking”

の歌詞から、

覚えておきたいフレーズに

ついて投稿しました。

出展:映画.com

 

この歌は失恋ソングで、

好きな人を忘れようとするけど、

なかなか忘れられない男の人の

気持ちが歌われています。

 

サビの部分が、

“I get over you.  I know I will.”

「君のことは忘れることにする。

そうするつもり。」

 

“over you” で

「あなたを忘れる」

という意味になります。

 

“I’m over you”

「あなたのことは吹っ切れたよ」

というニュアンスで、

「もう、好きではない」

という事になります。

 

一般的に「忘れる」

というと、

“forget”という単語が

頭に浮かぶ人が多いと思います。

 

もちろん、

“forget”

を使って表現することもできます。

 

“You will forget about me”

「あなたは私のことを忘れるでしょう」

“I will forget about you.”

「あなたのことは忘れるつもりです」

 

↑のように、

“forget about~”

「~について忘れる」という

使い方になります。

 

映画”Pretty Woman”の話に戻りますが、

この映画は1990年度全米興行収入第1位のヒットで、

主演のジュリア・ロバーツは、

この作品でゴールデングローブ賞 主演女優賞

(ミュージカル・コメディ部門)

を受賞しました。

 

日本の1990年映画興行収入ランキングでは、

4位にランクインしています。

 

因みに

5位は、ゴーストニューヨークの幻

です。

 

映画と言っても、

洋画、邦画とあり、

私は、どちらも好きで、

邦画を見る時(DVDで)

英語の字幕をつけて見ています。

とても勉強になります☆

 

それでは次回も、また

皆さまの英語学習に

お役に立てる情報、

お伝えいたします☆

 

See you☆彡

 

Diva講師は毎週土曜日にレッスンを行なっています。

丁寧で共感力の高いレッスンが評判の講師です。

ぜひ一度、にご参加下さい⭐️

  • 投稿カテゴリー:未分類