英字新聞で多読♪オススメの読み方は一面だけを毎日☆

escort tutor Eliot代表の一条です。

 

英語学習がある程度まで進むと、

「多読」ということが必要になってくるでしょう。

 

たくさん英文を読むことはリーディングの力だけでなく、

リスニング力の要請にも大いに役立ちます。

 

というか、シャドーイング練習をしたり

英語の発音の特徴を覚えたりして

リスニング力が一定のレベルに達すると、

それ以上のブラッシュアップには

多読くらいしか方法がなくなります。

 

ネットニュースもいいですが、

私が学習者にオススメなのは英字新聞!

 

ネットで見るニュースはどうしても取捨選択が働き、

得られる知識が偏りがちになります。

 

自分の知りたい情報だけを知るという行為は、

情報蒐集であり学習や教養取得にはなり得ません。

 

リベラルアーツの精神を大事に、

英字新聞読破に挑戦して見てはいかがですか♪

 

読み方ですが、

オススメなのは「一面」だけを

“毎日”読むことです。

(もちろん、余力があれば他にも

好きな面を読みましょう)

 

さらに、わからない単語は調べなくてOK

 

一面で取り扱われる記事は、

いうまでもなくその日最も大事なニュース。

そしてそれは、その日限りのものではなく、

ストーリー的に継続しているんですね。

 

継続しているということは、

同じような単語や表現が

毎日少しずつ、姿を変えて出てくるのです。

(最近は特に、毎日広くは同じ話題ですね)

 

毎日少しずつ読み続けるうちに、

初めはわからなかったニュースの出来事が、

だんだんと輪郭を帯びてきます。

 

単語を調べなくても、予想ができるようになってくるのです。

 

こちらの具体的な例や方法については、

また書かせていただきますね。

 

さて、Eliotの事務所には

「The Japan Times」が毎朝配達されますが、

請求情報を調べて見たら、

購読料は5,660円もしているんですね。

 

一面だけしか読まないとなると、

ちょっとコストに感じるかもしれません。

 

そんな場合はぜひ、

ご近所の図書館を活用してください。

今まで色々な図書館に行きましたが、

「The Japan Times」がないところは

見たことがありません。

 

「近くに図書館がない!」

のであれば、「The Japan Times」の

日曜版でもいいでしょう。

こちらは週に1度で1,500円程度です。

 

英語学習者向けに発行されている英字の日曜版は、

朝日や読売なんかも作っています。

どこも無料体験購読をやっていますから、

ぜひたためしてお好みを探って見てください!

 

あなたに寄り添うオーダーメイド型英会話スクール

🌺escort tutor  Eliot🌺

まずは無料体験レッスンをどうぞ⭐️

https://eliot.co.jp/free-trial/

 

ただいま、デメリット0の

1ヶ月無料お試しキャンペーンを実施中⭐️

https://eliot.co.jp/trial/

  • 投稿カテゴリー:未分類