英語にも部首がある!?

 

英検の一次試験が近づいてきました。

 

3級を受ける方は是非Diva先生のメソッドをどうぞご利用くださいね。

そろそろお申し込み締め切りです。

お申し込みはこちら

 

 

 

今回は私も1級に挑戦するのですが、Word問題のあまりの難しさに四苦八苦しています(笑)。

単語学習は苦手というわけではないのですが、やはり1級はレベルが違います。

単語学習についての記事

 

 

あるあるかと思いますが、単語帳を見ていると、似ていたような単語にぶつかり、混乱してしまいます。

とりあえず意味を確認して進めても、また同じような単語に出会っては

「なんだっけ?」

「さっきのなんだっけ?」

の繰り返し。

 

 

そんな時は、一度時間をとって整理してみるのがおすすめです。

英語にも、漢字の「部首」のような、単語中に頻繁に表れる文字がありますので、

重要なところを抑えてから見ると覚えやすさが違います。

 

 

例えば

 

produce「生産する」

introduce「紹介する」

reduce「減らす」

induce「引き起こす」

deduce「推測する」

 

のduceには「導く」という意味があり、接頭辞はそれぞれ、

 

pro(前へ)

intro(内部へ)

re(後ろへ/再び)

in(中に/中で)

de(否定/外へ/徹底的に)

などの意味があります。

(ただし、これらの意味は種類が多く、また広くとらえる必要があります)

 

「前へ」「導く」のがproduce

「中身を」「導く」のはintroduce

と、しっかり意味づけをして覚えていくと、うっかり忘れてしまっても思い出しやすくなります。

 

こういうのをたくさん出してみたので、私が書いたマインドアップを見て、

是非一つ一つの単語の意味を感じてくださいね(^^♪

 

escort tutor Eliot 代表

一条瑠花

 

___________________________________________

あなたに寄り添うオーダーメイド型英会話スクール

❀escort tutor Eliot❀

 

まずは無料体験レッスンをどうぞ♪

 

ただいま、デメリット0の

1か月お試しキャンペーンを実施中

 

Instagram、

現在では週に2回程度の更新ですが、

楽しんでもらえるよういろいろと試行錯誤しています!!

まだの方はぜひ友達になってくださいね♪

↓↓↓

オンライン英会話レッスン escort tutor  Eliot

 

 

 

 

  • 投稿カテゴリー:未分類