勉強に疲れた時の”休憩勉強”

 

人間の集中力はそう何時間も持続しないので、

詰めて学習しているときにも、休憩は必ず必要です。

 

 

ただ、何となくスマホを見始めるといつまでもダラダラしてしまったり、

結局あまり頭を休ませられなかったり・・・・

 

 

 

気合を入れた勉強の時は、休憩にも気合を入れた方がいいでしょう。

 

 

休むぞ!」と、気合を入れて休むのです。

 

 

スマホやテレビは見ずに、チョコレートを食べたりコーヒーを飲んだり、

瞑想なんかもいいですが・・・

 

 

以外とおすすめなのが、休憩中に別の勉強をすることです。

「疲れそう・・・・」と思うなかれ、思ったよりもリフレッシュできるのです。

 

 

”休憩勉強”に適しているのはやはり、本業と関係性の薄い、あまりヘヴィに頭を使わない、

ウキウキするものでしょうか。

 

 

そしてこれは私の実感ですが、

「直ちにに実益につながらない」

「勉強」らしい「勉強」

が最強だと思います。

 

 

 

実益を求め始めるときりがないですし、本来の目的を忘れます。

ファイナンシャルプランニングの本など、決して開いてはいけません。

来月から海外駐在でもない限り、重要度は

 

英語<お金

 

に決まっていますから・・・・(笑)

 

明日の実益と関係なく、勉強らしい勉強というと、やはり学校のお勉強に回帰しますね。

 

英語学習を詰めているなら、フランス語などの他外国語をかじってみるのも面白いですし、

中学生の数学をやり直してみたり、歴史の教科書を読んでみたりも結構盛り上がります。

 

 

今の生活に直接役立つものでなくても、自分を高める実感は尊いものです。

 

上級者向けになりますが、英語学習の休憩に「別の英語学習」を取り入れることもできます。

 

 

私は英検の勉強に飽きたとき、ソファでTOEICの単語帳を見てやり過ごしました。

英語の勉強には変わりないので、休憩の時間も決める必要はありません。

 

 

あと、上を目指すための難しい勉強に疲れたら、少しレベルを下げてみるのもおススメです。

簡単にこなせる問題を解きまくったりすると、難問で失った自信を取り戻せます。

 

 

英検準1級を目指す人が2級の過去問を解くとほとんど満点が取れます。

しかしながら、2級の問題に四苦八苦していた自分は確かに過去、存在していたのです。

 

 

だからいつか、真摯に学習を続けていれば、やがて準1級にもがいていた自分を見下ろすことになります。

 

その時自分が到達してる実力を思えば、もう一歩、頑張れるのではないでしょうか。

 

 

___________________________________________

あなたに寄り添うオーダーメイド型英会話スクール

❀escort tutor Eliot❀

 

まずは無料体験レッスンをどうぞ♪

「ただいま、デメリット0の

1か月お試しキャンペーンを実施中

 

Instagram、

現在では週に2回程度の更新ですが、

楽しんでもらえるよういろいろと試行錯誤しています!!

まだの方はぜひ友達になってくださいね♪

↓↓↓

オンライン英会話レッスン escort tutor  Eliot

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 投稿カテゴリー:未分類