品詞、おそるるに足らず!Part1

お客様から、

品詞がわからないんです!

というお悩みをお聞きすることがあります。

 

 

先日は、英検2級を持っていて語学のセンスがよく、

私から見ると「英語がとてもお上手な」方からもご相談を受けました。

 

 

「冠詞とか、関係詞とか、どんな時にどれを使ったらよいのか・・・」

 

 

 

上記のお悩みに対して違和感を抱いた方は、

何がどう違うのか、完璧に説明できるように整理してみましょう。

 

 

特に違和感になかった方は、

これから申し上げることを覚えてください。

2つあります。

 

 

 

その1 「冠詞」「関係詞」は品詞ではありません。

その2 「品詞」には全部合わせて、7種類しかありません。

 

 

その1について

まず、「冠詞」とはご存じ、”a/an”と”the”のことですね。

“a/an”を「不定冠詞」、”the”を「定冠詞」と呼び、

これらは「限定詞(=名詞や名詞句を限定する語句)」の一種です。

 

 

「詞」の仲間がたくさん出てきましたが、これらはみんな「品詞」ではありません。

”a/an”と”the”の「冠詞」と呼ばれるは、「7つの品詞」の中の「形容詞」に分類されます。

 

 

 

また、「関係詞」ですが、これはいわば役割の名前です。

関係詞として使われる”which”や”where”などは、同じく「疑問詞」としても使われます。

使われ方によって”which”や”where”は、「7つの品詞」では名詞・形容詞・副詞と変わっていきます。

 

 

これらのことはそれぞれの品詞の回で、詳しくご説明しますね。

 

 

さて

その2で申し上げたように「品詞」には7種類しかありませんので、

一気に覚えましょう。

 

 

そして、

「なあんだ7種類しかないのか、もう覚えてしまった」

と安心してください。

 

 

1.名詞(Noun)

2.動詞(Verb)

3.形容詞(Adjective)

4.副詞(Adverb)

5.前置詞(Preposition)

6.接続詞(Counjuction)

7.感嘆詞(Interjection)

 

 

またこの中の、7.感嘆詞(Interjection)については、

覚えなくても別に構いません。

上のマインドマップを見ていただければわかりますが、

“Ah!”とか”Yeah!” “Wow!”などの、感情表現の言葉で、意味はありません。

そんなものがある、くらいの認識で大丈夫です。

 

 

他の6つについては、次週より一つ一つ解説していきます。

 

 

品詞の理解はTOEICのリーディングでも非常に重要になってきますし。

ちゃんと把握していないと、

いざというときの致命的な誤りを引き起こす恐れがあります。

 

 

「英語は読めるてるし、聞けてるよ」

という方も、一度おさらいしておく価値はありますよ。

 

___________________________________________

あなたに寄り添うオーダーメイド型英会話スクール

❀escort tutor Eliot❀

 

まずは無料体験レッスンをどうぞ♪

「ただいま、デメリット0の

1か月お試しキャンペーンを実施中

 

Instagram、

現在では週に2回程度の更新ですが、

楽しんでもらえるよういろいろと試行錯誤しています!!

まだの方はぜひ友達になってくださいね♪

↓↓↓

オンライン英会話レッスン escort tutor  Eliot

 

 

 

 

 

  • 投稿カテゴリー:未分類