大人のための『複数形不規則変化』

複数形の不規則変化』と聞いて、
具体的なイメージができますでしょうか。

 

 

例えばこういうこと、と紹介すれば、ピンとくるでしょう。

 

child → children
man → men
foot → feet
leaf → leaves

 

 

複数形になる時、単純に“s”がつくだけでない場合です。
当然ですが、必ず名詞で起こります。

 

本日は「“大人のための”複数形不規則変化」ということで、
上記のような簡単なものではなく、
意外と知られていない不規則変化名詞をご紹介します。

 

 

よくあるパターンを、シリーズとして分けています。

 

 

1. “f” →“ves”シリーズ
fで終わる単語については、“fs”にはなりません。
この変化は多くの単語に応用できるので、よく覚えておきましょう。
“fe”で終わる場合も同様のことが多いです。

 

half → halves
loaf(ひとかたまり) → loaves
elf(小妖精) → elves
knife → knives

 

 

 

2.“oo” → “ee” シリーズ
こちらは比較的によく知られていますね。

 

foot → feet
tooth → teeth
goose(鳥の雁) → geese

 

 

 

3.“us” → “i” シリーズ
いかにもラテン語由来らしい、神秘的なスペリングです。

 

focus → foci
cactus(サボテン) → cacti
nucleus(核) → nuclei
syllabus(概要) → syllabi (syllabusesとも)

 

 

 

4.“is”→“es” シリーズ
bus → busesのように、“es”をつける規則変化と区別が必要です。

 

oasis → oases
thesis → theses
crisis → crises

 

 

 

5.“on” → “a” シリーズ
あまり見かけないのは、単語そのものが難しいからです。

 

phenomenon(現象) → phenomena
criterion(基準) → criteria

 

 

6.その他
カテゴライズできない中で、頻出の不規則名詞です。

 

mouse → mice
datum → data

 

 

 

一歩上の不規則変化名詞、大人な文章を読み書きするためには、
是非把握しておきましょうね★

 

___________________________________________

あなたに寄り添うオーダーメイド型英会話スクール

❀escort tutor Eliot❀

 

まずは無料体験レッスンをどうぞ♪

「ただいま、デメリット0の

1か月お試しキャンペーンを実施中

 

Instagram、

現在では週に2回程度の更新ですが、

楽しんでもらえるよういろいろと試行錯誤しています!!

まだの方はぜひ友達になってくださいね♪

↓↓↓

オンライン英会話レッスン escort tutor  Eliot

 

 

  • 投稿カテゴリー:未分類