『数えられる名詞』と『数えられない名詞』につく形容詞

英語においては

「可算名詞」「不可算名詞」

すなわち

「数えられる」か「数えられないか」

がとても重要です。

 

 

文中での扱われ方はもちろん、

名詞が数えられるかどうかで、それに付属する「形容詞」も変わってくるのです。

 

まず、不可算名詞の代表的なものを見ておきましょう。

money, furniture, water, air, milk, luggage, bread, paper, information…

 

これらは丸暗記ではなく、不可算名詞の分類と照らし合わせて判断してくださいね。

→「何が不可算名詞なのかを判断する、ちゃんとした方法」

 

 

次に、例文を見てみましょう。

形容詞が変化する一例です。

 

 

「私は本をたくさん持っている」と「私はお金をたくさん持っている」です。

 

 

I have many books.

I have much money.

 

 

可算名詞には必ず、aもしくは~sが付きますが、

不可算名詞にはつきません。

 

 

 

そして「たくさん」を表す形容詞が違います。

 

 

それでは、manyとmuchのように可算名詞と不可算名詞で異なる、少ない量を表す形容詞はご存じでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「little」と「much」ですね。

 

 

I have little money.

I have few books.

 

 

 

どちらも、「ほとんど~ない」を表します。

 

 

ちなみに、a little とa few はポジティブなニュアンスで、

「少しは~ある」という表現になります。

 

 

I have few books.

「私はほとんど本を持っていない。」

 

I have a few books.

「私は本を少しだけ持っている」

 

(a とfewが一緒についていることに戸惑わないよう、

a few という一つの形容詞として認識してください)

 

 

他にこうした形容詞としては、

 

 

たくさんの

a good number of  可算名詞

a good deal of  不可算名詞

 

かなりたくさんの

quite a few  可算名詞

quite a little 不可算名詞

 

 

などがありますが、実際に使用されているのはこれくらいです。

一応、まとめておきます。

 

数えられる名詞 数えられない名詞と
ほとんどない few little
少しはある a few a little
たくさんの many much
たくさんの a good number of a good deal of
かなり多くの quite a few quite a little

 

 

それほど数はありませんので、しっかり覚えて正確に使っていきましょう。

 

___________________________________________

あなたに寄り添うオーダーメイド型英会話スクール

❀escort tutor Eliot❀

 

まずは無料体験レッスンをどうぞ♪

「ただいま、デメリット0の

1か月お試しキャンペーンを実施中

 

Instagram、

現在では週に2回程度の更新ですが、

楽しんでもらえるよういろいろと試行錯誤しています!!

まだの方はぜひ友達になってくださいね♪

↓↓↓

オンライン英会話レッスン escort tutor  Eliot

 

  • 投稿カテゴリー:未分類