”数えられる”と”数えられない”が重要なわけ

日本ではあまり意識しませんが、英語においては

「数えられる」か「数えられない」かがものすごく大事です。

 

 

なぜ大事なのか、を言語化をするのはとても難しいですが、

個人的には、ある種の「教養」を示す部分であるから、と考えています。

 

 

日本語に「可算」「不可算」の概念は乏しいですが、

代わりに「数え方」がありますね。

 

 

例えば「猫が2ついる」などと言ってしまうと

著しく教育レベルが疑われます。

 

 

逆に、「いかを一杯」「昆布を一連」と言われれば、

料理に造詣が深いんだな、と思います。

 

 

「ざるそばを一枚」と言えば江戸っ子ですし、

「タンスを一竿」と言われると、丁寧に暮らしている感じがします。

 

 

教養とはつまりそういうことで、

英語圏のそれは「可算名詞」「不可算名詞」の

理解に当たるのではないでしょうか。

 

 

ですから、これらは外国人が間違えたとしても

命にかかわるようなことではありません。

 

 

ちょっと教養を疑われたり、嘲笑われるリスクがある程度かと、、、、

 

 

実際に私もアメリカ人が

“many information”やら“clothes was”と言っているのを聞いたことがあります。

 

 

日本人が

「ウサギが1匹いる」

「お箸を2本とって」

と言ってるくらいの違和感なのではないかと推測します。

(確かではありませんが)

 

 

しかしながら、

アルファベットを使用せず、歴史的に一度も英語圏の支配を受けていない日本生まれの人は

残念ながらほかの地域よりも英語が苦手で当然です。

 

 

その中で、中学高校と丁寧に、徹底して習う「正しい文法」が、

わたしたちの“海外でも通用する”武器なのです。

 

 

 

ですからこの辺りは妥協せずに、しっかり覚えていきましょう。

 

 

「数えられる名詞」と「数えられない名詞」

 

 

___________________________________________

あなたに寄り添うオーダーメイド型英会話スクール

❀escort tutor Eliot❀

 

まずは無料体験レッスンをどうぞ♪

「ただいま、デメリット0の

1か月お試しキャンペーンを実施中

 

Instagram、

現在では週に2回程度の更新ですが、

楽しんでもらえるよういろいろと試行錯誤しています!!

まだの方はぜひ友達になってくださいね♪

↓↓↓

オンライン英会話レッスン escort tutor  Eliot

  • 投稿カテゴリー:未分類