品詞を原語で覚えて欲しいワケ Part1

新しく学習を始める方も多いシーズンですので、品詞について随分しつこくお伝えしています。

『品詞、おそるるに足らず!Part1』

 

「品詞」というのは以下の7つしかありませんので、完璧に覚えていただきたいのですが、その際、もとの(英語の)呼び方も合わせて覚えることをお勧めします。

 

1.名詞(Noun

2.動詞(Verb

3.形容詞(Adjective

4.副詞(Adverb

5.前置詞(Preposition

6.接続詞(Conjunction

7.間投詞(Interjection

 

名詞・間投詞はともかく、形容詞、動詞、副詞など、品詞の「呼び名」は日本人が「便宜上」「わかりやすいように」割り当てたもので、本質を示してはいません。

だからどうしても、言語的な「ズレ」が存在してしまいます。

ですから、原語で認識することで、その「ズレ」を軽減していこうというのが、この記事の目的です。

 

1.名詞(Noun

例外的に、英語でも日本語でもほとんど同じことを表しています。

人や物の名前で、目に見えない概念や考え方も含まれます。大きな違いとしては、「数えられるかどうか」で区別するか否かです。フランス語やスペイン語では「女性名詞」「男性名詞」が存在してとっても難儀なので、英語学習者は運がいいと言えるでしょう。

 

3.形容詞(Adjective

順番が前後しますが、形容詞は名詞に続けてご説明します。

理由は明快で、形容詞が「名詞を修飾する」言葉だからです。

 

色々な言葉を修飾する副詞と違い、形容詞adjectiveは名詞しか修飾しません

 

Adjectiveのadには「くっつく」という意味があります。

Adverb(副詞)はverb(動詞)にくっつく言葉(実際は動詞だけではありませんが)として、とてもわかりやすいですね。

それなら形容詞はadnounにしてくれればいいものを、そうはなっていません。

『“adnoun”「形容詞の名詞用法」ってなに??』

 

後半のjectには「投げる」と言う意味があります。

 

Eject 追い出す(ex=外に)

Reject 拒絶する(re=元に)

Project 計画(pro=前に)

 

などの言葉には、それぞれの方向に「投げる/投げ返す」ようなイメージがあります。

 

ですからadjectiveを「投げるようにくっつける」言葉として紹介している本もあります。

 

が、私はどちらかというと、「“object(もの/目的語)”にくっつける言葉」と考えた方がしっくりきます。

 

単語の構成要素というのは、大抵諸説あるものなので、ご自身が1番納得できる説を採用していただければと思います。

『英語にも部首がある!?』

 

5.前置詞(Preposition

 

Preは「前に」、positionはご存知の通り「位置」を表しますので、こちらは動詞などと違い完全に直訳です。

前置詞は日本語にはないものですから、当然と言えますね。

 

「前に置かれる」言葉という名前ですが、

「何の前」に置かれるのか、正確に把握しておきましょう。

 

もちろん、

名詞」の前に置かれます。

 

on Monday”

in the school”

about my sister”

 

よく見る字面ですね。

 

先ほど日本語に前置詞はない、と言いましたが、上記の語を日本語にしてみると、見えてくるものがあります。

 

「月曜日

「学校

「姉

 

これらは「後置詞」で、やはり名詞にある種の役割を付け加えるものになります。

英語は順番が逆、とはよく言ったものですね。

 

「前置詞」は名詞と、代名詞の前にもついて役割を与えます。

他の品詞にはつきませんから、副詞と混同しないよう気をつけましょう。

 

 

次回Part2では、本日飛ばした動詞とその仲間の特徴を見ていきましょう。

 

___________________________________________

あなたに寄り添うオーダーメイド型英会話スクール

❀escort tutor Eliot❀

 

まずは無料体験レッスンをどうぞ♪

「ただいま、デメリット0の

1か月お試しキャンペーンを実施中

 

Instagram、

現在では週に2回程度の更新ですが、

楽しんでもらえるよういろいろと試行錯誤しています!!

まだの方はぜひ友達になってくださいね♪

↓↓↓

オンライン英会話レッスン escort tutor  Eliot

 

 

  • 投稿カテゴリー:未分類