実は大事!英語の「句」の意味を押さえましょう 3 副詞句

名詞句、形容詞句と続き、本日は最後の副詞句について考えます。

 

前回までのコラムはコチラ

↓          ↓          ↓          ↓

「英文解釈を楽にする『語・句・節』を覚えよう☆」

「実は大事!英語の「句」の意味を押さえましょう 1 名詞句」

「実は大事!英語の「句」の意味を押さえましょう 2 形容詞句」

 

 

まず、句の 3 つの使い方のおさらいです。

・ 名詞句

・ 形容詞句

・ 副詞句

 

 

これらの名称はそのままの意味で、

名詞句は名詞、

形容詞句は形容詞、

副詞句は副詞の役割をします。

 

 

今回扱う副詞は、「名詞以外」を「修飾」する飾る言葉です。
「名詞以外」すべてなので、「動詞」だけではなく「形容詞」「副詞」、「文」な
んかも修飾しますよ。

 

 

リンク『品詞、おそるるに足らず!

 

 

 

 

具体例をみていきましょう。

 

You must submit this document by tomorrow.

「明日までにこの書類を提出しなさい」

by tomorrow の部分が副詞句です。

前置詞 by と名詞 tomorrow で動詞 submit を修飾しています。

 

 

 

先にお伝えしておくと、

副詞句になるものの代表は以下の 3 つ

・ 不定詞の副詞的用法

・ 前置詞+名詞

・ 分詞(分詞構文)

 

 

形容詞句の時とほとんど同じなんですね。

 

2 つの違いはすなわち、形容詞と副詞の違い、つまり、

修飾する対象が違うだけなんです。

 

 

 

形容詞→名詞を修飾

副詞→名詞以外を修飾

 

さえ忘れなければ、文章を捉えるのに迷うことはないでしょう。

 

 

 

 

それでは例文を続けます。

 

不定詞の副詞的用法

I was running to the station.

 

 

分詞(分詞構文)

Playing golf, he was drinking some beer.

※ 分詞の副詞的用法を特に分詞構文と言います。

 

副詞は形容詞同様、飾る言葉ですから、SVOC の文の要素には入りません。

(修飾語 M と表現する場合もあり)

 

 

 

まとめ

形容詞句になるのは、

・ 不定詞の副詞的用法

・ 前置詞+名詞

・ 分詞(分詞構文)

など

 

副詞句は文の上では、

飾る言葉であり文の要素にはならない。

形容詞句と副詞句の違いは、何を修飾するかだけ。

 

 

 

 

 

次回から「節」について考えていきます。

 

 

 

___________________________________________

あなたに寄り添うオーダーメイド型英会話スクール

❀escort tutor Eliot❀

 

まずは無料体験レッスンをどうぞ♪

「ただいま、デメリット0の

1か月お試しキャンペーンを実施中

 

Instagram、

現在では週に2回程度の更新ですが、

楽しんでもらえるよういろいろと試行錯誤しています!!

まだの方はぜひ友達になってくださいね♪

↓↓↓

オンライン英会話レッスン escort tutor  Eliot